Browse By

【運営秘話】五反田の人気コワーキングスペース「VACANCY OFFICE GOTANDA」オーナーにインタビューしました!

Pocket
LINEで送る

フリーランスや個人事業主には欠かせない重要な場所といえば、「コワーキングスペース」。今回は、五反田で人気のコワーキングスペースVACANCY OFFICE GOTANDA(以後VACANCY)のオーナー・小山さんに、その貴重な運営秘話を伺ってきました。

VACANCYは一般利用者から高い支持を得ているのはもちろんのこと、ユニークなイベントを数多く運営していることでも評判のスペースです。取材に伺った日は、ちょうど大人気のワークショップ戦略的プレゼン資料作成講座が行われていました。このようなイベントを開催するようになった経緯とは!?

VACANCYとは?

小山さん:VACANCYは、誰でも利用可能なコワーキングスペースです。今現在は、2013年当時にオープンした五反田駅寄りのスペースから移転し、大崎広小路に近い一棟借りのビルに移転して運営しています。」

大崎広小路駅からは、ダッシュで15秒なのだとか!

もともと、名前のVACANCYは、空室という意味
空室の有効活用ということで始めたので、VACANCYという名称にしました。

xDSC03368VACANCYオーナーの小山さん。このポージング、おちゃめです!

空室の有効活用=コワーキングスペース

小山さん:「前に入居していたビルは8階建てだったんですが、4フロアも空いていたんです。もったいないので不動産屋に話をして、最初は無料で貸してくれという話をしていたんですけどダメで、結局お互いが折り合う形で、賃貸契約をしない方法で始めました。テナント募集中のまま。誰かがここを使いたいといったら僕らはどかないといけない。そういう条件で、空室が埋まるまでの期間を利用しましょう、と。」
「1年以上空いていたフロアを利用させていただいたんですが、1年半ぐらいでその他の空きフロアも埋まってしまい、2014年9月に旧VACANCYから今の場所に移転しました。」

ワークショップはいつ頃から?

小山さん:「普段の利用者受け入れ以外に、ワークショップをやるようになったのは1店舗目の開設当初からです。利用者の方から、やりたいという声も多少ありましたけど、どちらかといえばこっちからお願いしたケースが多かったですね。いろいろなことが行われているスペースだと、いろいろな人も入ってくるし、アクティブなかんじで面白そうだなぁ、と感じてもらえるので、積極的に考えていましたね。」

xDSC03395

NPO法人「very50(ベリーフィフティー)」との出会い

アジアの社会問題を解決するビジネススクールvery50(ベリーフィフティー)というNPO団体があるんですけれども、たまたま、そこのお手伝いをしている方が会員さんでいたんですよ。

その方から話を聞くうちに興味がでてきて、代表にきてもらったのがきっかけでvery50が活用する場としてスペースを提供することになりました。

アジアの社会問題を解決する!といっても、いろいろ知っておかなければならないことがあるじゃないですか。そこで、知っておかなければならないことを提供する立場の方が必要で、そのお手伝いをされている方はそこの「講師」だったんですよ。

本来ならば、「知っておかなければならないこと」を教えることができれば良かったんですが、そんな能力もなかったので、じゃあ僕ができることとして、場所があるから、それをうまく使いますか、と提案しました。当時は、インドネシアのマーケットをもっと盛り上げるとか、カンボジアで持続可能な仕事を創るためにハーブを用いた商品を開発している日本人の女性起業家がいたりとか、さまざまなプロジェクトがあるんだけれども、ただ、打合せする場所がなかったんですよ。ファミレスでやったりとか。拠点がなくて。NPO団体としては拠点はあったんですが、個別に集まって、打合せしたりする場所がなかったんですね。

じゃあこちらでどうぞ、といったのが始まりです。

そこから一気に広がる人脈!

今回の戦略的プレゼン資料作成講座講師の松上さんも、very50を通して繋がりましたし、very50から広がってきた人たちは、多くいますね。いまや松上さんの授業は、名物授業みたいになっちゃってるんですよ。ストリートアカデミーに出すと、すぐ一瞬で埋まっちゃう。最初は結構集客も大変だったんですけど。

xDSC03377

多様性のあるコワーキングスペース運営のコツ

移転してくる前、ここはもう廃墟みたいな場所だったんですね。だから賃貸条件もよかった。そして何より、一棟借りられるということは、ワンフロアでやるよりまた違うことができるのかなと思って、ここにしたんです。これが正解でした。

中の改装などは自分でやったり、知り合いに手伝ってもらったりしながらやって、お金をかけないようにしました。究極、お金をかけずにどこまでステキにできるか、というのも腕の見せ所ですよね。だいたいうまくいかないところは「設備」に思いっきりお金かけちゃったりしてるんですよね。

xDSC03396

結局フロアを分けたから、イベントとかもやりやすいんですよ。前はワンフロアだったので、なかなか。普通の利用者が使えなくなっちゃうんで。一棟借りたことで、自由度がかなり広がりました。ですので今後も、ワークショップやイベント等、積極的に開催しようと思っています。

(インタビュー・本文:Eventistaライター・スドウ)

この貸切スペースの詳細を見る
他の貸切スペースを探す

Pocket
LINEで送る