Browse By

【第2回ライブ&イベント産業展でみつけたよ】イベントに動く恐竜がやってきた!

Pocket
LINEで送る

●『第2回ライブ&イベント産業展@幕張メッセ(2015.7.8〜10)』で見つけたユニークなモノやコトをご紹介する【みつけたよ】シリーズ。イベントが3度の飯の次に好きなライター・スドウが、広大な会場の中で特に目を引いたイベント関連グッズなどを徹底的に調査してきました!

xDSC03272

イベント会場には「目玉」が必要

イベント会場にはお客さんを惹き付ける「目玉」の何かが必要です。それはタレントだったり、着ぐるみだったり、遊具だったりと場所やイベント内容によって種類は様々。そんな中、かなりのインパクトを来場者に与えるシロモノを見つけてきました。それは「動く恐竜」です!しかもこの恐竜、動く・吠える・触れる・乗れる・体験できるという特徴があり、子供たちにかなりの人気があるそうなのです。

xDSC03273

子供が喜ぶ、人が寄ってくる!

恐竜の種類は、ちょっとコワモテのティラノサウルスが3mのものから最大6mのものまで。6mといったらかなりの大きさと迫力です。

その他、トリケラトプス、アロサウルス、ステゴサウルス、アパトサウルス、プテラノドンと多種多彩。

しかもこれらは電動で、口の開閉・頭の上下・尻尾の動き・まばたき・鳴き声などかなりリアルな動きをするため、見ている側は十分に楽しめます。もちろん屋外に置いても防水加工しているため問題ナシ。しかも人感センサーまでついているので、人の動きを関知して動きはじめるスグレモノ。

こんなリアルな恐竜がいたら、みんなが近寄って触って写真を撮って、と、大人気になること間違いなしですね!

xDSC03275

イベントは「意外性」も重要

イベントは、参加者がウキウキした気持ちで会場を訪れるもの。そこに「意外性」のあるものを用意すると、みんなの気持ちはさらに高揚します。

来場者の満足度を高めるために、イベント主催者の方はぜひ動いて触れる恐竜をレンタルしてみてはいかがでしょうか。詳細は、下記HPをチェックしてみてくださいね。

株式会社マルヒサ
http://www.maruhisa-log.co.jp
(Eventista ライター:スドウ)

Pocket
LINEで送る